理学療法士 作業療法士 副業 禁止

理学,作業療法士の副業は禁止?週末整体の経験者が語ってみた。

スポンサーリンク  
ここに左カラムに表示させたい任意のテキストや画像タグを入力します。
ここに右カラムに表示させたい任意のテキストや画像タグを入力します。

理学療法士、作業療法士の方はご存知のように、リハビリ職というのは昇給の少ない業種です。

しかし、初任給は他の仕事と比べて高い傾向にあり、独身のときは遊びに回すお金もあるでしょう。

ところが30歳くらいになってくると、昇給がわずかであるため他の職業の人に給料で追い抜かれ、かつ家庭を持つ人も多いので、自由に使えるお金はなくなります。

それが定年まで続きます。

改めて文字にしてみると、なんとも切ないですねw。

そこで思いつくのが副業ではないでしょうか。

このページを訪れたあなたも、理学療法士あるいは作業療法士でもできる、良い副業がないかと思ってググったのではないでしょうか。

ちなみに私のことを少しお伝えしておくと、以前整体院をやっていました。

が、整体はうまくいかず廃業してしまいました。

整体開業の経緯については、こちらの記事で詳しく書いていますので、興味があればご参照ください。

参照)理学療法士,作業療法士の開業,独立で年収は?経験者が語ってみる

 

実は、この整体開業の前に準備期間として、週末整体を半年間やっていました。

僕はこのとき、公務員でした。

ご存知の方もいるかもしれませんが、公務員は基本的に副業はNGです。

ですから、報酬は頂かずに完全にボランティアでやっていました。

報酬をもらってないので副業というわけではありませんが、報酬がないこと以外は副業と同じだと思います。

 

理学療法士や作業療法士が副業を始めようとするときに、自分の技術を活かすことを考えると整体を思い浮かべる人も多いでしょう。

そこで今回は、週末整体を半年間続けた僕が、実際のところどうだったのかその感想をお伝えしていこうと思います。

副業としての整体を考えている方は参考にしてみてください。

 

そもそも理学療法士、作業療法士の副業は禁止されているの?

冒頭でもお伝えした通り、もしあなたが公務員であれば、副業は原則禁止です。

ただ、職場の許可を得たものであれば認められる場合もあります。

例えば、市民フォーラムでの公演や公的な研修会の講師などを行う場合です。

公的な機関からのオファーがあって、仕事を引き受ける場合は認められることが多いでしょう。

しかし、実績や名前が売れていなければ、そもそもこのようなオファーが来ないです。

そう考えると公務員で副業をやるというのは、難しいです。

でも、資産運用とかなら大丈夫だと思うので、公務員の方はそちらの勉強をしていくのが良いと思います。

 

一方、民間の病院、施設に勤める方は、その職場の就業規則によって副業をやっても良いかどうかが異なります。

経営母体が一般の会社だったりすると、副業を認めているところもありますが、医療法人だったり根っからの医療系だと副業禁止としているところが多い印象です。

このへん封建的な業界ですから、上がダメと言ったらダメでしょう。

こっそりやるかどうかは自己責任です。

バレて処分を下されても私は責任がとれませんので、あしからず。

ちなみに、副業がバレるのは住民税の額が異なることがきっかけになりやすいです。

住民税は所得に応じて課されますので、病院側としては「同じ給料を与えているはずなのに、この人だけ住民税の額が違う」と気づきます。

それで副業が疑われるのです。

もし副業分の税金を別で納めることができれば、バレずに済みます。

これは住んでいる自治体によっては、可能なこともあるようです。これができれば住民税から副業がバレるリスクがなくなります。

市役所や区役所などに問い合わせて教えてもらいましょう。

スポンサーリンク

副業はいつやる?

では、あなたが副業できる環境にあったとして、副業をやるのはいつがいいでしょうか。

僕の場合は、休日を利用してやっていました。

僕がやったのと同じように整体をやるのであれば、まとまった時間が必要になるので、必然的に休みの日にやるようになると思います。

ここからは僕の体験談を書いていきます。

週末整体をやっていたのは、約半年間です。

場所は地元にある宿泊施設でした。

友人がそこに勤めていたこともあって、もともとつながりがありました。

お店の経営者の方にコンタクトをとらせてもらって、整体開業までの修行期間として無料でやらせて欲しいとお願いしました。

もちろんいくらかでもお金をもらってやりたいとは思っていましたが、なにせ副業禁止の公務員でしたから、開業前に問題を起こすのも嫌だったので、ボランティアという形をとりました。

 

もし、あなたがゆくゆくは整体開業をしようと考えているのであれば、週末整体は一度経験しておくと良いと思います。

実際にどのようなサービスを提供していくか考えることができますし、施術の流れも確認できます。

また、整体をやっていくなら徒手技術だけでなくトークの技術も大切になります。

トークと言っても面白い話で笑わせるとかではなく、どうやって効果を感じてもらい、リピートしてもらうかを考えて話をするのです。

整体ビジネスは基本的に、リピートがとれないと終わりだと思ってください。

開業前にそういった技術を磨いておける場は貴重です。

 

少し話がそれたので、週末整体の体験談の続きをお伝えします。

その宿泊施設では、宿泊する部屋とは別に大広間のようなところがありました。

その一角をお借りして、整体を行いました。

しかしベッドなどはありませんでしたので、代わりに使ったのはヨガマットとうつ伏せ用のクッションです。

なんとも簡易的でしたが、無料でやっている以上あまりお金もかけられませんでしたから仕方ありません。

どのように整体の希望者をつのるかというと、直接声をかけていきました。

A4サイズの紙に手書きでチラシを作ってそれを手渡ししたり、話しかけたりして、「整体やってますよ〜」ってのをアピールしました。

相手は観光客ばかりです。

観光客は旅行に来て、いつもより少しテンションが高い状態です。

ですから、無料で整体やってるちょっと変な兄ちゃんが声をかけても、わりとオープンに対応してもらえました。

それでも、ちょっとイカつい感じで声をかけづらい人には、チラシだけ渡したりしてましたがw。

でも案外そういう人の方が、整体を希望して受けてくれることも多かった印象があります。

あと、おばちゃんの集団に声をかけると、そのうちの何人かは整体を受けてくれました。

そんな感じで人を集め整体を行っていました。

宿泊施設ですので、夜だけやっていました。

18時くらいに行って21時くらいまでやる感じです。

多い日で5人くらいは整体していたと思います。

でも、5人もやるとかなりヘトヘトになります。

実際、週末整体をやっていた半年間で、体重が10kgほど落ちました。

これぞ整体ダイエットですw。

そのくらいハードでした。

それに、無償でやっていたので、金銭的なメリットは何もありませんでした。

ただ、ここに関しては修行と割り切ってやっていたので苦痛ではありませんでしたが、公務員じゃなかったら開業資金を得ることができたのになぁとは思いましたね。

それで、この週末整体で僕が失敗したなと思ったのは、本当に何も貰わなかったことです。

もし整体開業につなげるつもりなら、アンケートをとって、お客様の声を集めておくべきです。

整体の集客においてお客様の声は、絶対に必要不可欠だからです。

だって、良いかどうかわからない整体に何千円も払いたいと思いますか?

いろんな人からのおすすめの声があって始めて、行ってみようかなと思うはずです。

そして、お客様の声と一緒に写真も撮らせてもらえたら、なお良しです。

やっぱり文字だけだと、”サクラ”が書いたんじゃない?と疑われるからです。

写真付きだと信ぴょう性が増します。

整体開業するつもりなら、「声集め」はやっておいて損はないです。

 

週末整体は儲かるの?

ここまでお伝えした通り、僕は無償でやっていたので僕の経験から週末整体が儲かるかどうかはわかりません。

ただ、知り合いで週末整体をやっていた人は、月に10万円前後の売り上げがあったようです。

でも、その人も1年ともたずに辞めてしまいました。

なんでかっていうと、「しんどいから」です。

月曜から金曜まで働いて、土日で整体するっていうのは、体力的にかなりキツイです。

ですから、安定した収入源として副業をしたいのであれば、週末整体はおすすめしません。

ただし、整体開業を考えている人にとってはメリットが大きいと思います。

施術やトークの内容を開業前に試せる場というのは、とても貴重です。

それに、開業資金やお客様の声を集めることもできます。

整体開業を考えている人にとって週末開業は、やっておいたほうがいいというよりも「絶対にやるべき」でしょう。

もし、開業する地域が決まっているのであれば、実際にその地域にチラシを撒いてみて反応を見てみるのもいいでしょう。

一度開業すると、そうそう場所を変えられませんからね。

集客の難しさは本当に開業する地域によって異なります。

集客がしやすいかどうかによって、その後の経営の安定性が全く変わってきますので、くれぐれも集客が大変な地域では開業しないようにしましょう。

週末開業は集客の点でも試金石になるということですね。

ただし、週末開業を長く続けすぎると体力的にしんどくなってくるので、長くても半年までにしておきましょう。

 

では、そろそろまとめます。

副業としての整体は体力的に大変なので、基本的におすすめしません。

ただし、整体開業する意思のある人にとってはメリットが大きいので、期間限定でやってみるのがいいと思います。

僕の週末整体の体験から得られた教訓は以上です。

バイト感覚で週末整体をやりたいなと思っている人には、残念なことを伝えるようになってしまいますがやめた方がいいです。

そもそも開業する気もそんなにないのに週末整体をしたいなと思ったのでしょうか。

おそらく多くの方は、お金が目的でしょう。

お金が目的なんていうと、なんかいやらしいような感じがしますが、実際問題としてセラピストの給料は少ないですからね。

特に家族がいるような人にとってはシビアな問題です。

僕も一馬力で妻と子を養っているので、気持ちはよくわかります。

でも、それなら単純に給料が良い職場に転職すればいいだけじゃないでしょうか。

週末整体なんてまどろっこしいことせずに、サクッと転職ひとつで週末整体で稼いでこれる分くらいは給料が上がりますよ。

最近は訪問看護ステーションがけっこう良い給料で募集しています。

国の在宅医療推進の流れを受けて、リハビリ職の中では儲かる分野となっています。

都市部なら年収500万円〜600万円程度で募集がかかっているところも多いです。

嘘だと思うなら、転職情報の豊富な転職サイトに登録して求人情報を見てください。

僕の転職体験記はこちら

参照)アラサーPTが転職サイトを使ったらこうなった

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 理学療法士 公務員 試験
  2. 理学療法士 退会 休会
  3. 理学療法士 作業療法士 定年 老後
  4. 理学療法士 作業療法士 つらい
  5. 理学療法士 作業療法士 残業なし 定時

おすすめ記事

  1. 理学療法士,作業療法士が辛いのは人間関係が原因だと思う
  2. 理学療法士,作業療法士が残業なしで定時に帰る方法
  3. 理学療法士,作業療法士に将来はある?未来予想図を考えてみる
  4. 理学療法士との結婚,旦那の給料が少ないなら転職させろ
  5. 開業に失敗した理学療法士がたった1年半で月収50万円になった…
  1. 理学療法士 公務員 試験

    転職について

    理学療法士が公務員試験にうかる秘訣はこれだ!合格者が解説!
  2. 理学療法士 作業療法士 将来 未来

    仕事について

    理学療法士,作業療法士に将来はある?未来予想図を考えてみる
  3. 理学療法士 辞めたい

    転職について

    理学療法士を辞めたいあなたへ,実際に辞めた体験を語ってみる
  4. リハビリ 転職 サイト おすすめ

    転職について

    リハビリ職の転職,どのサイトが良いか体験談,成功の秘訣を書くよ
  5. 作業療法士 転職

    転職について

    作業療法士の転職が有利でうらやましい件について
PAGE TOP