理学療法士から看護師 転職

理学療法士から看護師への転職,他資格のメリット,デメリット

スポンサーリンク  

理学療法士から看護師への転職。

実は、僕も考えたことあります。

仕事をし始めてから気づきましたが、理学療法士の給料では家族を養っていくことができません。

結婚したら、妻との共働きが必須です。

学校に入る前に気づいとけよって話ですが、高校生の僕にその頭はなかったですね。

医療職だし給料はそれなりにあるだろうと思ってましたね。

というか、理学療法士の養成校に入ってからも、そんなに給料のことを心配したことはなかったかな。

お金のことって、あんまり話すと良くないような風潮があるし、みんなあんまり話さないから、給料が少なくて困るほどじゃないんだろうなーってなんとなく思ってた。

けど、働き始めてわかったのは、理学療法士の給料では家族を養っていけないということ、しかも年齢を重ねるほど状況は厳しくなるということ。

なんで年齢を重ねるほど厳しくなるかというと、昇給がほとんどないから。

最初に働き始めた職場で就職して1年経つと、昇給がありました。

1,500円だけ。

まだ1年目だからこれだけなのかなと思って、6年目くらいの先輩に聞いてみると、みんな同じとのこと。

というか、今年は昇給があってまだ良かったとも話していた。

ということは、いまから10年働き続けても今と1万5千円しか変わらない給料しかない。

しかも、その昇給はあるかどうかも不確か。

当時、結婚を考えている彼女がいましたが、「これじゃどうやっても養っていけない」と思った。

昇給のことを聞いた先輩に、続けて質問してみた。

家庭がある方たちは、どうやってやりくりしてるんでしょうか。

みんな共働きだね。

セラピストの夫婦なら、人並みの生活はできるよ。との答え。

う〜ん、まぁ世帯で言えば、セラピスト2人で年収700〜800万円くらいにはなるから、確かにそうか。

でも、僕の当時付き合っていた彼女は特に資格を持っているわけではなかった。

というかこの人が今の妻なのですが、資格を持ってない女性がパートで働きに出るとせいぜい年収で100万円から150万円程度の稼ぎにしかならない。

子供がいれば、そのわずか稼ぎも保育料とかに消えてしまう。

僕は、どうしようと頭を抱えた。

そこで考えたのが、看護師への転職。

看護師なら、理学療法士よりも給料は高いし、将来的にも需要がありそうだなと考えたからだ。

しかし、いろいろ情報を集めてみると、授業料に教科書代、その他もろもろ合わせると年間100万円近くかかったりする。

もちろん補助が出たりしてもっと安いところもあるけど、そもそも学校に行っている間の収入がバイト代くらいになってしまう。

短くても3年は学生生活を送らなければならないことを考えると、「結構しんどいな」っていうのが正直な感想だった。

しかも、看護師の仕事がやりたいのならともかく、給料などの待遇面以外で魅力に感じたところはなかった。

看護師になると夜勤や排泄介助などの仕事も入ってくるし、体力的にもキツイ面も増えるだろう。

これらを考えると無理だった。

こう考えて以降、理学療法士として収入をアップさせる道はないかと模索するようになった。

理学療法士でもっとも安定して昇給のある職場と言えば、国立もしくは公立病院だ。

国立や公立病院では、理学療法士も公務員として扱われる。

ただし、独立行政法人化されていたり、その他の理由で公務員として扱われない場合もあるので、就職希望の場合はその病院についてよく調べたほうが良いだろう。

僕は、公立病院に勤務することを目指して、公務員試験対策を始めた。

試験対策を始めたその年に、希望していた病院の募集があり、受験した。

結果は、みごと合格。

晴れて公務員となることができた。

だがしかし、就職してしばらくして独立行政法人化されてしまった。

オーマイガッ!

独立行政法人化されても、待遇は公務員と同等のままであるとのことであったが、将来的にはわからない。

というか、就職してから知ったのだが、この病院は毎年赤字を計上していた。

こうなると、将来的に職員の給料がカットされても何ら不思議はない。

話は変わるが、公立病院では人間関係もうまくいかなかった。

転職にはこういう落とし穴もあるということだ。

その後いろいろあり、この公立病院を辞め、整体院を開業した。

整体開業にいたった経緯は、こちらの記事内で詳しく解説しているので、参照していただきたい。

参照)理学療法士,作業療法士の開業,独立で年収は?経験者が語ってみる

 

しかし、その整体院も1年程度で廃業し、今は訪問看護ステーションに勤務している。

話があっちこっちに行ったが、結局のところ今の職場がいちばん居心地がいい。

いまの職場では、訪問看護ステーションからの訪問リハビリの業務がおもな仕事だが、ほとんど1人で行動するので気楽だ。

つまるところ、僕は人付き合いが苦手なのだろう。

リハビリ中は利用者さんとコミュニケーションをとるが、それが終わってまで他の職員とベラベラと話をする体力は残っていない。

そいうのがストレス解消になる人もいるのだろうけど、僕の場合はそれでストレスがたまる方だ。

その点、訪問リハビリでは他の職員と顔をあわせるのは、1日で1時間もないので、僕の性格に向いていると感じる。

また、待遇面でも年収430万円と田舎のわりに良いほうなのではと思う。

問題の昇給についてだが、今のところではあるが3,000円ずつ上げてくれているので、この点についても合格点だ。

気持ちよく仕事をさせてもらっている今の職場には本当に感謝している。

看護師への転職の話からだいぶそれてしまったが、もしあなたが給料面のことを考えて看護師への転職を考えているのならば、訪問看護ステーション勤務はおすすめできる。

僕が住んでいるのは田舎なので年収400万円台に落ち着いてしまっているが、都市部の訪問リハビリであれば年収500〜600万円という求人もあるようだ。

スポンサーリンク

転職には転職サイトを使おう

あなたがもし転職したいのなら、転職サイトに登録するといい。

担当者と電話で面談するだけで、あなたの希望に近い求人を探してきてくれる。

ネットでその地域の求人を調べると、多くの求人が出てくると思うが、どれもあまり魅力的でないと感じるのではないだろうか。

もし気になる職場があるのなら、たとえ求人が出ていなくても電話で聞いてみることで、採用にいたる可能性がある。

しかし、それを自分一人でやろうと思うとなかなか大変だ。

よく知らない施設にとつぜん電話をかけて、「雇ってもらえませんか?」というのだから、不審に思われても仕方ないだろう。

だが、転職サイトの人ならこの辺のやり取りは慣れているから、スムーズに対応してくれる。

自分が緊張せずに、相手に脈があるか調べてもらえるのだから、大助かりだ。

転職サイトに登録すると、どんな感じで話が進んでいくのか、実際のところをこちらの記事で書いているので、ぜひ参照してもらいたい。

参照)30代の理学療法士が転職サイトを利用したらこうなった。

 

まとめ

先行きの暗い理学療法士には看護師への転職を考える人も少なからずいる。

理学療法士は、けっこう勉強ができる人も多いので、もう一度学生に戻ってもやっていけるだろうと考える人も多いのかもしれない。

しかし、また学生になるということは、学費は当然かかるし、そのあいだ理学療法士として稼げるはずだった給料もなくなることになる。

生涯年収で考えると1,000万円以上の損失になるだろう。

そうまでして看護師になりたいのか、もう一度自問してみるといいだろう。

あなたがもし、金銭的なことを理由に転職を考えているのであれば、訪問看護ステーションがおすすめだ。

こちらから転職サイトに登録して、あなたの希望する給料が稼げるかどうか確認してみるといいだろう。

都市部の訪問看護ステーションでは、年収600万円が見込めるところもあるので、ぜひ確認してほしい。

ちなみにオススメする転職サイトは、直接メッセージくれた方にこっそりお伝えする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • コメント: 0

関連記事

  1. 作業療法士 転職

    転職について

    作業療法士の転職が有利でうらやましい件について

    僕は理学療法士ですが、転職の求人案件を見ていると作業療法士っていいな〜…

  2. 理学療法士 辞めたい

    転職について

    理学療法士を辞めたいあなたへ,実際に辞めた体験を語ってみる

    理学療法士の仕事って、やっぱり向き不向きがあると思う。職場によ…

  3. 理学療法士 公務員 試験

    転職について

    理学療法士が公務員試験にうかる秘訣はこれだ!合格者が解説!

    理学療法士の給料は年々、下降の一途をたどっています。そんな中、…

  4. 理学療法士 作業療法士 転職 サイト

    転職について

    30代の理学療法士(PT)が転職サイトを利用したらこうなった。

    私は、アラサー理学療法士です。性別は男性です。 (さら…

  5. 理学療法士 作業療法士 1年目 転職

    転職について

    理学療法士,作業療法士,1年目の新人が転職することについて考えてみた

    石の上にも三年とは、昔からよく言います。ところが最近は、このよ…

  6. リハビリ 転職 サイト おすすめ

    転職について

    リハビリ職の転職,どのサイトが良いか体験談,成功の秘訣を書くよ

    リハビリ職の転職についてググってみると、「転職すると給料上がるよ!」「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 理学療法士 公務員 試験
  2. 理学療法士 退会 休会
  3. 理学療法士 作業療法士 定年 老後
  4. 理学療法士 作業療法士 つらい
  5. 理学療法士 作業療法士 残業なし 定時

おすすめ記事

  1. 理学療法士,作業療法士が辛いのは人間関係が原因だと思う
  2. 理学療法士,作業療法士が残業なしで定時に帰る方法
  3. 理学療法士,作業療法士に将来はある?未来予想図を考えてみる
  4. 理学療法士との結婚,旦那の給料が少ないなら転職させろ
  5. 開業に失敗した理学療法士がたった1年半で月収50万円になった…
  1. 理学療法士 作業療法士 開業 独立 年収

    開業について

    理学療法士,作業療法士の開業,独立で年収は?経験者が語ってみる
  2. リハビリ 転職 サイト おすすめ

    転職について

    リハビリ職の転職,どのサイトが良いか体験談,成功の秘訣を書くよ
  3. 理学療法士 辞めたい

    転職について

    理学療法士を辞めたいあなたへ,実際に辞めた体験を語ってみる
  4. 作業療法士 転職

    転職について

    作業療法士の転職が有利でうらやましい件について
  5. 理学療法士 作業療法士 将来 未来

    仕事について

    理学療法士,作業療法士に将来はある?未来予想図を考えてみる
PAGE TOP