理学療法士 年収500万円 600万円

理学療法士で年収500~600万円は転職,副業すれば余裕で可能!

スポンサーリンク  

今回の記事ですが、実は理学療法士で年収1000万は達成可能か?にしようと思っていました。

けれど、検索数を調べてみると、「理学療法士 年収 1000万」よりも「理学療法士 年収 500万」の方が多いんですね。

悲しいくらい理学療法士って夢ないですね〜。

僕自身、今回の記事を書くにあたって、転職、副業、節約術を合わせてなんとか年収1000万に到達しないだろうかと頭をひねっていましたが、僕のいまのスペックを考えると無理でした。

実際のところ、理学療法士で年収1000万は大学教授にでもならない限り難しい数字かなと思います。

もし1000万を一般の療法士が達成するとなると、都市部の訪問リハビリで馬車馬のように働いて年収650~700万円を稼ぎ、なおかつ副業で300万円超を稼ぐことができれば達成可能ですけど、それができる方は限られているでしょう。

 

それで、検索数が多いのも現実的な年収500万円でしたので、今回は理学療法士が年収500万〜600万が達成可能かについて書いていこうと思います。

ちなみに、先に結論をお伝えしておくと、これは案外簡単に達成可能です。

東京や大阪などの都市部にお住いの方でしたら、転職するだけで達成できちゃいます。

田舎にお住いの方も安心してください。

僕自身が田舎に住んでいますが、それでも年収600万円以上にはなっています。

嘘ではないですよ。

嘘だと思うなら読み進めてみてください。

田舎の理学療法士がどうやって年収600万円を達成しているかお伝えしていきます。

スポンサーリンク

都市部の理学療法士なら訪問看護ステーション勤務で年収500万から600万になる

冒頭でもお伝えしましたが、都市部の理学療法士が今、もっとも稼げる職場は訪問看護ステーションです。

僕は3度の転職経験があります。

それで、最後の転職のときに転職サイトを利用したのですが、縁あって大阪近辺にある転職サイトを紹介してもらいました。

僕の住むところから大阪なんて通勤圏外の圏外で、もし大阪で働くなら引っ越しか単身赴任だろうなと言う感じです。

しかし、僕の何を気に入っていただいたのか、その転職支援サイトの方は、そこと関わりの深い訪問看護ステーションをご紹介してくださりました。

そのときにうかがった話では、「経験年数3~4年の人で、しっかり働いてもらえれば年収500〜600万円になります。」とのこと。

 

さすがに、ウソだーと思いました。

田舎のPTだからって、馬鹿にしないでください。

そんな話にはダマされませんよ。

と、心の声が言っていました。

 

僕の心の声を知ってか知らずか、転職サイトの人の話は続きます。

「訪問看護ステーションからのリハビリは1回40分で604点。これを1日に8件こなすと、604×8=4832点です。ご存知の通り、1単位10円ですから、収益は48,320円となります。」

「これで月に21日勤務したとすると、48,320×21=1,014,720円となります。さらに年間では、1,014,720×12=12,176,640円です。こちらの訪問看護ステーションでは、従業員の給料について管理職でない人は40〜45%で計算しています。先生であれば経験がおありなので、45%で計算してもらえるでしょう。」

「それで、計算してみると、12,176,640×0.45=5,479,488円となります。」

 

数字で伝えられると、なんと現実味のある話。

理学療法士で年収550万。。

転職ひとつでこれだけの給料になるなんて、夢みたいな話だと思いました。

と、ここでふと疑問がわき、質問してみました。

僕:「1日8件って回れるものですか?」

転職サイトの人:「回れます。実際に回ってる人がいます。ですが、やはり大変は大変みたいですね。」「40分間リハビリして、20分移動を8回繰り返しますからね。バイクでの移動なので、暑い日、寒い日、雨の日なんかは特に大変だそうです。」

僕:「やっぱりうまい話にはウラがあるんですねw。」

転職サイトの人:「あと利用者様で休みの人が出てしまうと、それだけお給料も少なくなってしまうので、その点も注意がいります。」

僕:「常に8件回れるとは限りませんもんね。」

転職サイトの人:「平均8件にしようと思ったら、実際には9件くらい入れていただく必要があるかと。」

僕:「・・・結構大変ですねw。」

こんな感じの会話が続きました。

 

都市部の訪問看護ステーションには夢がありますが、やはりこれは体力勝負かなと思います。

けれども、理学療法士の平均年収が約400万円と言われる中で、550万円はやはり夢があります。

150万余分に入ってくるなら、あきらめていたマイホームにも手がとどくかもしれないでしょう。

もしマイホームを買わなかったとしても、若いうちにしっかり貯金をして、資産運用に回すこともできます。

仮にあなたがいま30歳だとして、30代のうちは体力勝負でしっかり稼ぐと決めたとしましょう。

今の給料よりも、150万円多くもらって、それを10年間続けると、1,500万円の貯金ができます。

もしそれを全額、資産運用にあてるとします。(投資の基本は余剰資金を使うことなので、適切ではないのですが。)

年率3%を目標にして計算すると、1,500万円×0.03=45万円

年間で、45万円の収益を上げることができます。

株などから得た利益は普通なら、ここから20%税金で持って行かれますが、2018年から始まる積み立てNISAや確定拠出年金を利用することで、税金の額もかなり軽減させることができます。

将来的に理学療法士の給料が減っても、その分を資産運用で得た利益で補うことができれば、生活レベルを下げることなくやっていくことができます。

 

収入が増えると、こんな風にいろいろなことが計算できます。

あきらめていたことができたり、なにか新しくやりたいことができたり。

都市部の療法士の方が羨ましいです。

私は人口10万人ほどの田舎に住んでいますが、田舎の訪問看護ステーションはどれだけ探しても、年収550万円もの給料を出してくれるところはありません。

しいて言えば、公立病院など公務員の職に就き、勤続年数が長くなれば達成可能でしょうか。

ただ、公務員は人気ですからやはり狭き門です。

ですから、都市部にお住いの方で体力に自信のある方は、若いうちにガッツリというのも検討してみるといいかもしれません。

ちなみに僕がオススメする転職サイトは、直接メッセージくれた方にこっそりお伝えします。

 

田舎の理学療法士は転職+副業の合わせ技が必要

お伝えした通り、田舎の理学療法士にはそんな美味しい職場がありません。

僕の転職経験から言うと、田舎の理学療法士の年収は、300~450万円です。

給料の安いところは、本当に安いです。

年収300万円程度のところなんてザラにあります。

頑張って資格とってこれじゃ報われません。

そこらの工場に勤務した方がまだ稼げそう。。

 

でも職場を選べば、中には年収400万円台のところもあります。

田舎にお住いの療法士の方は、職場の年収が350万円以下でほとんど昇給しなさそうなら、まずは年収400万円以上の職場に転職することをおすすめします。

いくら今の職場にやりがいがあっても、いくら楽しい仲間がいても、やっぱりお金がないと生活していけません。

あなたが結婚して家族がいるなら、お金の問題は「重要な課題」ですし、まだ独身でもこれから結婚したいなら、やっぱりお金は必要です。

僕は結婚して、奥さんと子どもが1人いますが、結婚はいいものだし、子どももいいものですよ。

そんな幸せをあなたにも感じてほしいです。

お金があるからって幸せとは限らない、というのは確かにそうですが、でもお金があると不幸にはならないと思います。

お金がないと食べたいものが食べれない、買いたいものが買えない、行きたいところにも行けません。

それが続くとたぶん心がすさんでくるんですよね。

それって不幸じゃないですか。

だから仕事をする上で、収入のことは第一に考えるべきだと僕は思っています。

 

では、ここからは僕のスペックを例にとって、田舎の理学療法士が年収500万〜600万円を達成する方法を考えてみましょう。

以下に僕のスペックを書きます。

本業:理学療法士(訪問看護ステーション勤務) 年収430万円

副業:ブロガー 年収180万円

合計 年収610万円

副業のブロガーがあるから、年収600万円が達成できている感じですね。

画面の前で、「いや、俺ブログとか書けないし」なんて思わないでください。

書けます。

僕もブログを始めてからまだ2年弱ですが、それでも月に15万円程度の稼ぎがあります。(2017/7/1現在18万円まで増えました!)

これはうまくいっている方だと思いますが、実際にブログに限らずネットで稼ぐのはそれほど難しいことでありません。

僕の場合は、google adsenseという広告収入を得るシステムを使って収益を上げています。

実際、専門的な知識を持っている理学療法士にとってブログは相性が良いと思います。

自分の知っている専門知識をブログ記事にすることで、興味のある人は見てくれます。

自分にとっては普通のことだと思っていても、専門外の人が見るとすごい知識だったりするからです。

そうして、ブログが100PVくらいに達すると30円くらいがチャリーンっと入ってくるようになります。

ここまで、半年くらいかかります。その間はもちろん無給です。

でもその後は、うまくいけばどんどん増えていきます。

僕の場合は、月に約15万円稼げるところまできました。

ここまで来るのは大変でしたが、コツコツやってればなんとかなるもんだな、と思ったのが正直な感想です。

それから、もし本業で430万円くらいの収入があれば、副業は月に4万円くらいの収入で、年収500万円に到達可能です。

残りはどうするのって?

残りの分は、節約術でカバーします。

 

副業ができないorうまくいかなくても節約術でカバー

ここからは節約術の話です。

節約なので、純粋に給料が増えるというわけではありませんが、収入を増やすのも、支出を減らすのも、手元に残るお金を増やすためには同じことです。

あと、ここでご紹介する節約術は、固定費の削減を中心にお伝えします。

同じ節約と言っても、水道代を節約とか、電気代を節約とかってずっと気をつけて継続しないといけないので大変です。

そんな生活、疲れませんか?

今まで通り生活して、お金は自然と浮いてるというのが理想です。

そんなことできるの?と思ったあなた。

以下に書いていることをよーく読んでください。

少し手続きは必要ですが、一度やれば後は毎月,毎月お金が浮くようになります。

これは稼げていようが、そうでなかろうがやっていないと損です。

では、ご紹介していきます。

 

確定拠出年金

確定拠出年金は、崩壊寸前の年金制度を危惧した政府が打ち出した政策です。

今の若い世代は、今の高齢者のように多くの年金をもらうことはできません。

それは、これからの日本の人口推移を見ると明らかです。

政府もいろいろとやっているようですが、個人レベルでも対策をしておいてほしいというのがホンネです。

そこで登場したのが、確定拠出年金です。

確定拠出年金では、毎月お金を積み立てて、そのお金で投資信託を行い、資産運用をしていきます。

投資信託というのは、株の詰め合わせセットみたいなものです。

要は、毎月お金を積み立てて、投資していきましょうということです。

 

確定拠出年金の特徴は以下の3つです。

  • 掛け金は全額、収入から控除できる
  • 利益が出た場合、非課税となる
  • 60歳以降に受取るとき、条件を満たせば非課税となる

確定拠出年金において、普通のサラリーマン理学療法士は1ヶ月あたり23,000円を上限にお金を積み立てることができます(企業年金があれば別)。

会社から給料をもらうと税金が引かれていきますよね?

確定拠出年金で積み立てた額に応じて、この引かれる税金が安くなるんです。

これ、とってもすごいことなんですよ!

わかりやすく説明すると、年収400万円の人が、月の上限いっぱい2万3千円まで積み立てたとすると、年間で41,400円支払う税金が安くなるということです。

月に2万3千円貯金したら、1年たったときに4万ちょっとお金がもらえると思ってください。

それが毎年,毎年続きます。

すごいお得ですよね。

それと確定拠出年金をさらにお得にしているのが、利益が非課税になるという点です。

投資信託で利益が出ると、普通は利益の20%を税金として納めなければなりませんが、確定拠出年金では非課税です。つまり税金を払わなくていいということですね。

こんなお得な制度あっていいのかっていうくらいお得ですね。

 

ただし、注意点もあります。

確定拠出年金は投資信託をしていくのが基本です。

投資信託をしていれば、お金が増えていくこともありますが、株価が下がると元本割れすることも当然あります。

株をやってた人は、リーマンショックのときとかは一気に2/3くらいにまで減った人もいるそうです。

でも、借金地獄なんてことにはなりませんから、安心してください。

株とかの資本ってそういうのも含めて上昇していきます。

ベストセラーとなった「21世紀の資本」でも、著者であるピケティが資本成長率は4〜5%と言ってます。

資本、つまりお金は、投資すれば増えていくってことです。

こういうのを「お金に働いてもらう」と言います。

それでもこういった投資が不安だという方は、定期預金にすると良いです。

定期預金は元本割れするリスクは低いです。その代わり金利は0.1%とかぐらいなので、ほとんど増えません。

お金を増やすことよりも、安心安定をとりたければ定期預金も良いでしょう。

積み立てたお金の所得控除だけでも、十分メリットがありますからね。

 

あと確定拠出年金のその他のデメリットとして、積み立てたお金は60歳以降でないとおろすことができないです。

「年金」と名前が付いている通り、老後のためのお金として使うための制度だからです。

ですから、すぐに使う可能性のあるお金は積み立てしてはいけません。

でも、貯金って基本的に老後のためにするものですよね。

老後のために月に2万くらいの貯金もできない生活って相当ヤバイと思うので、その場合は生活を見直したほうがいいかもって思います。

 

資産運用

確定拠出年金も資産運用のひとつの方法ですが、月々2万3千円ずつなので、ちょっとずつしかできません。

もし、あなたに今すぐ使う予定のないお金があるなら、株を買って運用して利益を得ることもできます。

仮に300万円用意できたとして、それを年率3%で運用することができれば、年間で9万円の利益を上げることができます。

地味ですが、9万円あると助かりますよね。

もちろんリスクもありますが、お金持ちじゃなくても株ってやっていいんです。

将来の勉強のためにも、今から少額で始めておくのが良いと思います。

ちなみに、今から始めるならNISAを利用しましょう。

確定拠出年金と同じで、NISAにすると利益から税金を引き抜かれることがなくなります。

ただ、もし来年以降から始めるなら、積み立てNISAの利用がおすすめです。

積み立てNISAは2018年から始まる予定で、名前の通り積み立てて株を買っていきます。

積み立てなので、いますぐまとまったお金が用意できないという人もコツコツやっていくことができます。

これからまだ先の人生が長い若者には、こっちの方がおすすめです。

 

格安SIMへの切り替え

ここは僕、あまり詳しくないのでさらっといきます。

いま使ってるスマホを格安SIMに切り替えると、月々4,000円から5,000円程度携帯代が浮くそうです。

最初の手続きは面倒くさそうですけど、年間で考えれば5万円くらいお金が浮くのは大きいですね。

もし、結婚しているなら夫婦で格安SIMにすれば年間10万円程度浮くことになりますね。

僕も次の機種変更時には格安SIMに変える予定です。

一度手続きをしてしまえば、あとは勝手にお金が浮くので楽です。

お風呂でガスの使用量を気にするくらいなら、こっちを先にやりましょうw。

これは僕もまだ未経験のところなので、以上です。

 

やたらと高い生命保険の見直し

やたらと高い生命保険とか入ってないですか。

保険のおばちゃんにあおられて入ったんじゃないですか?

僕が入ってるのは、チューリッヒ生命の収入保障保険です。

普通、生命保険っていうと亡くなったときに1,000万とか2,000万といったお金を、一括でもらうものってイメージですよね。

ところがこの収入保障保険は、一括でもらうことも、月に10万円ずつとか分割でもらうこともできます。

もちろん受け取り方は選べるんですけど、僕は10万円ずつに分けてもらうようにしています。

まぁ僕が死んだ時に入るお金だから、僕がもらうわけじゃないんですけどw。

分割にしているのは何でかっていうと、やっぱり人間たくさんお金が入ってくると、使っちゃうと思うんですよね。

無駄に高いお墓とか買っちゃたりw。

けど月々10万円なら、そんなに無駄遣いしている余裕はないところがいいかなと。

あとこの保険、年齢によって亡くなったときに受け取れる金額が変動します。

保険加入時に補償金額を指定できるのですが、僕の場合は月々10万円のプランで申し込んでいます。

すると例えば、60歳まで保険期間を設定していたとして、いま30歳でなくなったとすると、残り30年間、毎月10万円が受け取れます。

すると1年あたり120万円だから、それを30年間もらうと総額で3,600万円受け取ることになります。

ですが、もし55歳で亡くなると、受け取れる期間は60歳までの5年間だけです。

なので、120万円×5年間=600万円だけの受け取りになってしまいます。

けど、これすごく合理的。

若い人が亡くなると、もし妻、子供がいたら必要なお金は膨大な額になります。

でも55歳になり、子供が就職して親元を離れ、奥さんの1人暮らしなら、奥さんが年金支給年齢まで生活できればOKとなります。

こんなふうに、年齢に応じて必要な保障額にすることができます。

保険の受取額が変動すると、保険会社も当然支払う額が全体を通して少なくなります。

それは利用者にも還元されて保険料が安くなる、という合理的な仕組みです。

例えば、30歳で非喫煙かつ、血圧が120/80以下の人であれば、月10万円の保障額で月々2,420円の支払いでOK。

いま入ってる生命保険と比べてどうです?

だいぶ安いんじゃないですか?

合理的な保険で支払いを安くするということも、節約術のひとつです。

あと、この話すると、月10万円じゃ生活できないでしょ、っていう人がいます。

ですが遺族年金があるので、そこからもらえるお金が結構あります。

例えば、僕だと厚生年金に加入していて、妻と子が1人の場合、子が18歳になるまで毎月約13万円を受け取ることができます。

 

日本ってなんだかんだ言って、やっぱり手厚い社会保障がありますよね。

ただ、これは厚生年金加入者の話です。

自営業で国民年金に加入している人はこれよりも少なくなりますので、参考程度にしてください。

 

僕の今の状態だと、遺族年金が月々13万円、収入保障保険が10万円です。

合わせて23万円あれば、とりあえず生活していけますよね。

夫である僕の生活費はいらないわけですし。

それでも足りなければ、子供が大きくなってから奥さんには働いてもらう、という感じですね。

この国で若い人が死ぬことなんてそうそうないですから、たぶん起こらないことにそんなお金かけてもねぇって感じです。

ここら辺は個人の価値観によるところなので、好きにしてもらったらいいですが、僕はあまりお金をかけすぎたくないかなぁと思います。

 

クレジットカードの整理

使わないクレジットカード持ち続けていませんか?

年会費無料のやつなら害はないですが、中には有料のがまぎれてることも。

そのカードを使ってるんならそのまま継続もありですが、使わないのならさっさと解約しましょう。

あと、普段から支払いはなるべくクレジットカードを利用して、ポイントを貯めましょう。

PT協会でも使われている楽天カードは、100円使用したら1ポイントが貯まる仕組みです。

他にもっと割のいいカードもありますが、あんまりカードを持ちすぎると管理が大変になります。

PT協会でも使ってる楽天カードが、一番使い勝手がいいと思います。

たまったポイントは楽天市場とかで買い物をするときに使えます。

ネット通販しますよね?

そのときにポイントで買えたりするとお得感があります。

例えば月に10万円分クレジットカードで支払いしたら、1000円分のポイントが貯まります。

それを繰り返せば1年間で、12,000円になります。

結構大きいですよね。

 

さて、ここまでをまとめると

確定拠出年金 4.1万円+資産運用 9万円+格安SIM 10万円+カードのポイント 1.2万円=24.3万円の節約になりました。

もし生命保険を安いのに切り替えられるのなら、さらに上乗せされます。

 

この24.3万円の節約って、やるかやらないかだけの違いですよね。

元手もかからないですし。

それで1か月分の給料が毎年浮くって考えたらすごくないですか?

 

これで理学療法士としての年収が430万円あれば、

430万円+24.3万円=454.3万円となります。

あと45.7万円で年収500万円に到達します。

月々で言えば、あと4万円いかないくらいですね。

月4万円くらいなら、ぶっちゃけバイトでもいけるんじゃないかと思います。

週1回出ればOKですね。

でも、バイトはおすすめはしません。

お金が入ってきても、家族との時間や自分の時間が減ってしまいますから。

しかも働いてる間はずっと。

やっぱり不労所得にできるブログがいいと思います。

1年本気で頑張れば、4万円は達成可能と思われます。

1年間は家族との時間が減るかもしれないけど、その後はメンテナンスでちょこちょこ作業すればしばらくは維持できます。

ネットの世界は流れが速いので、何年間もそれが維持できるとは限らないけど、それでもメリットは大きいと思います。

 

もし、ブログもバイトも嫌だったら、ここまでの年収450万円が限界かなぁ。

それか都市部へ単身赴任して、高給な訪問看護ステーションに勤務するかw。

これは場所によるかな?

例えば東京に近い千葉とかならまだありかもしれないけど、長野県から東京まで毎日通えって言ったら無理がありますね。

 

いずれにしても転職は必須

もし今の職場で昇給が少なく、どうやっても年収が500万円から600万円に到達しないようなら、転職は必須になります。

ただ、都市部の訪問看護ステーションの今の給料は、ボーナスステージみたいなものと思った方がいいでしょう。

つまり、「いつまでもこの給料が続くとは思わないほうがいい」ということです。

訪問看護ステーションも今後、診療報酬が下げられれば、当然年収も低下の一途をたどると思います。

いつまでも今の待遇は続かないだろうけど、でも稼げるときにしっかり稼いでおくことには価値があります。

節約術のところでも書いたように、貯めたお金は資産運用に回すことができるからです。

都会の訪問看護ステーションは、理学療法士の最後の希望w。

もちろん給料だけで職場を選ぶのは良くないと思うど、同じ理学療法士として働くのならやっぱり給料は多いほうがいい。

今ならNISAで1人120万円までは非課税で投資ができるし、2018年からは積み立てNISAも始まる予定。

前述の通り、積み立てNISAならいま貯金がなくても毎月決まった額を積み立てて、運用していけます。

そしてNISAと名前がついてるだけあって、こちらも非課税で投資ができます。

資産運用をやったことがない人は、いまいちピンとこないかもしれないけど、こんなお得な話はありません。

それも、積み立てってのは、お金は持っていないけど時間はある若者にとっては有利と言えます。

それをやらないなんて、どうかしてると率直に思います。

 

若い今のうちにしっかり稼いで、資産運用に回すことができれば、年とってからいよいよ理学療法士が介護士と同等の給料になったとしても、副収入を得ることができます。

例えば、いま年収600万円稼いで、400万円は生活に使い200万円は貯金したとします。

そんな生活がもし10年続いたとしたら、2000万円の貯金ができます。

その貯金をすべて投資に回したとしたら、年率3%の運用で毎年60万円のお金が入ってくる計算になります。

その後、仮に理学療法士が平均以下の350万円程度しか稼げなくなっていたとしても、投資から得られたお金を合わせると400万円を超え、元の生活水準を維持することができます。

この話、資産運用のところでもしましたね。

でも大事なことなんで、ここにも残しときます。

 

まとめ

長い記事になりました。

約1万文字の超大作です。頑張りました。

理学療法士はかつては「金の卵」と呼ばれ、もてはやされましたが今や見る影もありません。

それでも職場を選んだり、副業をしたり、節約術を駆使することで田舎の理学療法士でも年収500万円は達成可能です。

都市部の理学療法士なら訪問看護ステーション勤務で、年収600万円も目指せます。

せっかく頑張って資格とったんだから、それなりの稼ぎは得たいですよね。

どこかに書いたかもしれませんが、お金があるからといって幸せになれるわけではありません。

しかし、お金があると不幸にはならないと思います。

頑張った人が報われる社会の実現のためにもしっかり稼ぎましょう。

今日はここまで、おしまい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • コメント: 2

関連記事

  1. 理学療法士 公務員 試験

    給料について

    理学療法士の所得を決めるのは診療報酬ではなく社長

    当たり前のことなんですが、大切なことです。理学療法士、作業療法…

  2. 理学療法士 給料 安い 高い

    給料について

    理学療法士の年収の平均額は低いけど、高くする工夫はしてる?

    かつて、理学療法士は「金のたまご」と呼ばれてたそうな。理学療法…

  3. 開業失敗 理学療法士 月収50万円

    給料について

    開業に失敗した理学療法士がたった1年半で月収50万円になった全手法を書く

    僕は理学療法士。今から3年ほど前に、整体で開業した。そ…

コメント

    • ちひろ
    • 2018年 8月 23日

    はじめまして。今理学療法士4年目です。詳しくお話を伺いたいのと、転職サイトを教えていただきたいので、メッセージを送らせていただきました。

    • chi
    • 2018年 8月 23日

    理学療法士4年目です。転職サイトの名前教えていただきたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 理学療法士 公務員 試験
  2. 理学療法士 退会 休会
  3. 理学療法士 作業療法士 定年 老後
  4. 理学療法士 作業療法士 つらい
  5. 理学療法士 作業療法士 残業なし 定時

おすすめ記事

  1. 理学療法士,作業療法士が辛いのは人間関係が原因だと思う
  2. 理学療法士,作業療法士が残業なしで定時に帰る方法
  3. 理学療法士,作業療法士に将来はある?未来予想図を考えてみる
  4. 理学療法士との結婚,旦那の給料が少ないなら転職させろ
  5. 開業に失敗した理学療法士がたった1年半で月収50万円になった…
  1. リハビリ 転職 サイト おすすめ

    転職について

    リハビリ職の転職,どのサイトが良いか体験談,成功の秘訣を書くよ
  2. 理学療法士 作業療法士 つらい

    仕事について

    理学療法士,作業療法士が辛いのは人間関係が原因だと思う
  3. 理学療法士 作業療法士 開業 独立 年収

    開業について

    理学療法士,作業療法士の開業,独立で年収は?経験者が語ってみる
  4. 理学療法士 公務員 試験

    転職について

    理学療法士が公務員試験にうかる秘訣はこれだ!合格者が解説!
  5. 理学療法士 整体開業 収入

    開業について

    理学療法士の整体開業は収入upにつながるの?
PAGE TOP