理学療法士 作業療法士 転職 サイト

30代の理学療法士(PT)が転職サイトを利用したらこうなった。

スポンサーリンク  

私は、アラサー理学療法士です。

性別は男性です。

この歳になると、結婚とか、マイホームとかいろいろと、お金がかかることを考えるようになりますよね。

で、お金としっかり向き合ってみると、理学療法士という仕事はなかなかツライものがあります。

私は山あり谷ありで、今は訪問看護ステーションでの仕事に従事していますが、以前は急性期、回復期の病院で勤務していました。

民間の病院にお勤めの方はご経験されている通り、理学療法士の昇給はスズメの涙ほどです。

良くて、1年ごとに2,000円〜3,000円の昇給でしょう。

経営状態がよろしくないところだと、昇給なしというところもあると聞きます。

診療報酬の推移を見ても、ここから大きく改善することはありえない、というか悪くなっていくことが予想されます。

ところが30代前後といえば、出費が多くなる年代です。

  • 結婚式の費用が必要
  • 家を建てたい
  • 子どもの教育費も貯金しないと・・・

こんな風にアラサー理学療法士には、ライフイベントが多いです。

かくいう私もいま、家を建てようかどうしようか迷っているところです。

ちなみに、私の今の状態を簡単にお伝えしておくと、妻、子ども1人の3人暮らしで、妻は専業主婦です。

子どもは、もう1人くらい欲しいなぁと思っています。

仕事は前述の通り、訪問看護ステーションに勤務しています。

ぶっちゃけると、年収は430万円で、昇給は1年ごとに3,000円です。

人口10万人ほどの小さな街に暮らす、しがない理学療法士ですw。

理学療法士の平均年収が405万円と言われる時代ですから、まぁまぁの給料じゃないかと思います。

というか、田舎の理学療法士で年収400万円あれば御の字です。

都市部にお住いの方はご存知ないかもしれませんが、田舎の理学療法士の給料は恐ろしく低いです。

嘘だと思うなら、転職サイトで調べてみてください。

年収300万円くらいの案件がごろごろしています。

私が思うに、大きな回復期病院のある地域は、給料が平均化されてくるんじゃないかと思います。

成果主義が少しずつ導入されつつあるとはいえ、回復期っていまだにやればやっただけ儲かる仕組みですからね。

その点、人口が少なく回復期の大きな病院がない地域は理学療法士の就職口が少なく、老健や個人病院で足元を見られながら、しぶしぶ年収300万で働くということが多いように感じます。

うちの近所の老健で理学療法士の非常勤を募集していましたが、時給1,300円でしたからね。

ユニクロのバイトでも、時給1,000円からの時代ですからねぇ。。

ちなみに、今はまだ回復期がなんとかやっていけてますが、診療報酬がよりいっそう厳しくなり、いよいよ回復期がダメになってくると路頭に迷う理学療法士が大量発生すると思われます。

そうなると、都市部でも年収300万円の理学療法士が続出かもしれませんね。

おそロシア。

そんな中、おすすめできる就職先が訪問看護ステーションです。

今後、病院から在宅の流れは加速度的に進んでいくと思われます。

訪問リハビリの需要も必然的に増えていきます。

おそらく、在宅系が充実してきた時点で回復期はダメになるでしょう。

ただ、理学療法士はその流れに合わせて転職することができます。

今なら訪問看護ステーションで、理学療法士としてはちょっと他にないくらい良い給料で働くことができます。

事実、訪問看護ステーション勤務で年収600万円を稼いでいる人がいます。

ただし、これは都市部に限ったものです。

私の住んでいるような田舎では、年収400万円台が頭打ちと思われます。

田舎の理学療法士が年収500万円以上稼ぐ方法は、こちらの記事で書いていますので気になる方は参照してみてください。

参照)理学療法士で年収500~600万円は転職,副業すれば余裕で可能!

 

もちろん、訪問看護ステーションも今後、厳しくなっていくことは必至でしょう。

しかし、今後の給料の推移はわからなくても、若いうちにしっかりと貯金しておけばその後の人生の選択肢が広がります。

別の仕事に移ることもできるし、株を買っておいて上がらない給料の足しにもできます。

いまアラサーの方は、お金の問題と真剣に向き合うべきです。

いまお金の問題と向き合っておくことが、今後の人生を左右します。

理学療法士の平均年収が300万円になってから嘆いても、もう遅いです。

ですが、まだ大丈夫です。

いま30歳前後ならばまだ若いです。時間を武器にして、資本主義社会を生き抜きましょう。

 

今回の記事では、僕がいま働いている訪問看護ステーションに就職するときに、転職サイトを利用した経験をお伝えしていきます。

というのが、転職サイトを利用することで、良い職場を見つけられる可能性が高まるからです。

事実、僕も転職サイトを利用したことで、田舎の割には高給な職場に就職することができました。

まずは、なぜ転職サイトを利用すると良いのか体験談を中心にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

理学療法士,作業療法士が転職サイトを利用すべき理由

転職サイトを使ってよかったのは、電話やメールでやり取りするだけで、自分の希望する職場を見つけられるところです。

私の経験談をお伝えしていきますね。

転職を考えていた当時、私はネットの求人を来る日も来る日も見ていました。

前述の通り、田舎のPT求人は年収300万円台のところばかり。

「マジ、こんな給料安いの?」って思いました。

それでも「いいとこないかぁ〜」って探していると、未公開求人とやらがあって、「こっちには給料の良いとこがあるんじゃないの?」と思いました。

でも、それは登録しないと見れない仕組みです。

転職サイトになんて登録したことなかったので、どんなものか不安で「今日は、まぁいいか」と先延ばしにしていました。

そのとき、何が不安だったかというと、

  • しつこく電話がかかってくるんじゃないだろうか?
  • 無理やり話を進められるんじゃないだろうか?
  • サイトに登録したことが、どこかからバレないだろうか?
  • 本当に無料で使えるのだろうか?

こんなことが気になっていました。

気になっている方も多いと思うので、まずはこれらの疑問に答えておきます。

 

  • しつこく電話がかかってくるんじゃないだろうか?

これは私の実体験からいって、しつこく電話がかかってくるようなことはありませんでした。

僕は2つの転職サイトに登録して、ご縁がなかった方にはごめんなさいとお伝えしましたが、その後連絡が来ることはありませんでした。

 

  • 無理やり話を進められるんじゃないだろうか?

登録した2つの転職サイトにおいて、無理やり話を進めようとする態度はありませんでした。

ただし、転職希望が前提で話は進んでいきます。

転職サイトの担当者も、お悩み相談の仕事をしているわけではありません。

転職サイトに依頼をした時点で、良い転職先を探していくようになります。

それに転職サイト側としても、転職が成立しなければお金が入ってきませんから、いろいろと紹介してきますし、見学や面接の日程調節も積極的です。

それが仕事ですから当たり前ですね。

転職サイトに登録したら、話がトントン拍子で進んでいくことは確かです。

ただ、けっして無理やり話を進めるという態度ではありませんでした。

 

  • サイトに登録したことが、どこかからバレないだろうか?

個人情報にうるさい時代ですから、例えば転職サイトから今勤めている病院に情報がもれるってことは考えにくいです。

ですが、転職希望を出した職場の担当者から、何らかの情報がもれる可能性は否定できないと思います。

特に田舎だと施設数がそもそも少ないですから、何らかの繋がりで情報がもれるかもしれません。

もし気になるようであれば、名前や今の勤務先を伏せて転職先を探せるか転職サイトの人に確認してみましょう。

私はやったことないですが、転職サイトによっては可能なところもあるようです。

こういうことができるのも転職サイトの魅力といえるでしょう。

 

  • 本当に無料で使えるのだろうか?

これは完全に無料でした。転職が成立したら転職先がサイトに料金を支払う仕組みになっているようです。

 

私のときはこんな情報を教えてくれる人はいませんでしたから、いらぬ心配と知らず不安を抱いていましたが、あるとき意を決してサイトに登録してみることにしました。

必要な情報を入力し、さぁこれで未公開求人が見れるぞ、と思っていると電話がかかってきました。

知らない番号からです。

もしや転職サイトから?と思いつつ恐る恐る出てみると、やはりそうでした。

転職サイトに登録してからおよそ10分後のこと、ちょっとビビりました。

こんな風に転職サイトに登録すると、まず電話がかかってきます。

電話口で登録の内容を確認され、簡単な質問をされます。

今の職場がどこかといったことや、転職の理由も聞かれました。

今の職場がどこか聞いてくる理由として、「いま働いている職場に転職の応募をしちゃマズイので教えて下さい」と言われました。

もっともな意見ですが、おそらくマニュアルでそう聞くようになっているのでしょう。

転職サイトの一般的なやり方としては、あらかじめ登録されている病院や施設に履歴書をバーっとFAXで送って、「このひと転職希望ですけど、採用したいとこありますか〜?」って聞く感じだと思います。おそらく。

もし今の勤務先を答えたくないなら、それを伝えましょう。

ただ、転職サイトの人もそれだと営業がやりくくなると思われますので、こちらが無理を言っているということは承知しておいたほうがいいかと思います。

まぁ求人票を見せてもらって、そこから「ここには履歴書を送らないでください」とこちらが言えば済むことなので、大丈夫でしょう。

 

話を戻しましょう。

電話口での質問に1つずつ答えていくと、「では、この情報を各施設、病院に送って、募集があるかどうかを確認してみますので、しばらくお待ち下さい。」と伝えられました。

電話が終わりそうになったので、「ん、ちょっと待って」と思い、未公開求人の件をたずねました。

すると、「あ〜そこは今募集が出てないんですよね〜」との返答。

なぁに〜!!釣りか!!

と、ガッカリしたのと同時に、この転職サイトに対して不信感を持ちました。

でも、こういうの結構あるみたいですね。

転職サイトも登録をしてもらえないと仕事にならないので、もう契約が終了しているようなところも掲載し続けて、求人数を水増ししてたりするみたいです。

でも、ちょっとこの時点で不信感を抱きますよね。

サイトの担当者は「でも求人があるか一応確認してみますね」とのこと。

私は、「お願いします。」と伝え電話を切りました。

こういう電話って結構疲れますよね。

私は電話自体が苦手で、よけいにドッと疲れました。

印象も悪かったので、なおさらです。

 

このあと私は少し考えて、別の転職サイトにも登録しました。

なぜかっていうと、前述の通り最初の転職サイトにちょっと不信感を抱いたからです。

釣り求人があったのもそうでしたが、担当者のしゃべり方というか雰囲気というか、なんか合わない感じがしたのです。会ったこともないけどw。

でもこれ、結果的に良かったです。

次に登録したサイトの人はすごく感じがよく、ハキハキした対応で丁寧にことを進めてくれる印象で、この人になら任せたいなと思える人でした。

ここでも同じように、電話で転職に関することをいろいろと聞かれたのですが、こちらではわざわざプロフィールシートにまとめてくれて、私が履歴書を作らなくても良いようにしてくれました。

このこともあって、もうこちらでお願いしようと思っていましたが、出ている求人はすべて目を通しておきたいと思い、最初の転職サイトも終わりにせず様子をみることにしました。

 

それから2、3日して、最初の感じの悪いサイトの担当者から電話がかかってきました。

少し話がそれるのですが、私はこのブログとは別に運営しているブログがあって、当時そこからの副収入がわずかながらありました。

当時は今ほどの稼ぎではありませんでしたが、それでも月に1、2万円の収入にはなっていたので、副業を認めてくれる職場だと助かるなと思っていました。

それで、転職サイトの人にも「もし可能であれば、副業ができるところだと嬉しいです」と伝えていました。

しかし、そのことには触れられず、「候補はここと、ここですね〜。どうされます?」と3つ4つほどの施設を提示され、聞かれました。

候補としてあげられたところは、僕の希望年収より低かったことも気になりましたが、副業のことについて聞いてみると、「あ〜ダメです。」と一言。

どこの施設がですか?と聞くと「全部です。」と。

なんか嫌でしたね。

ダメならダメで先に言えよって感じだし、何か返答も感じ悪いし。

私は「ちょっと家族と話し合ってみますので、またこちらから電話します」とだけ伝え、電話を切りました。

この時点で、感じの悪い転職サイトにはサポートを終了してもらおうと思っていました。

 

そうこうしていると翌日には、2つ目の感じの良い転職サイトから電話がかかってきました。

完成したプロフィールシートとともに、候補の転職先一覧を見せてくれました。

最初の転職サイトと同じ病院、施設名もありましたが、違うものもあり、転職サイトによって提示してくる転職先も違うんだなぁと思いました。

私は急性期、回復期でのリハ経験があったので、たいていの職場でやっていけると思っていました。

ですから、業務内容というよりは収入面を重視して探してもらっていました。

当時は結婚して、子どもがもう少しで生まれるというタイミングでしたので、しばらくは一馬力でも食べていけるよう希望年収は400万円以上としていました。

ですが、2つの転職サイトを通して、私の希望に合うところは1つしかありませんでした。

ちなみにそこは副業不可。

理学療法士の転職ってなかなか厳しいんだな、と実感した瞬間でした。

私はダメもとで、住んでいる地域にある訪問看護ステーションの名前を出し、「ここは募集とかないんですかね?」と聞いてみました。

「募集は出ていないようですが、もしよろしければ直接問い合わせてみますがいかがですか?」との返答。

私は即「お願いします。」と伝えました。

訪問看護ステーションが気になったのは、訪問リハで働いている学生時代の友人から、けっこう給料がいいということを聞いていたからです。

また、急性期、回復期と働くなかで、在宅での様子っていまいち見えない部分で興味がありました。

そんなこんなで訪問看護ステーションの名前を出してみました。

 

返事は早かったです。

転職サイトの方がその日のうちに問い合わせをしてくださったようで、給料面の交渉もしてくださり、年収は400万円ちょうどで、しかも副業もOKとのこと。

私からすると、願ってもない好条件でした。

訪問看護ステーションの給料が良いのは、40分間のリハビリで604点の点数が算定できるからです。

仮に1日6件入れば、3,624点で、ご存知の通り1点10円ですから、セラピスト1人あたり1日で36,240円の収益があがります。

基本的に自宅にうかがいリハを行うので、病院みたいにリハビリ室は必要なく、そういった経費面でも安上がりで給料に反映させやすいのでしょう。

また訪問看護ステーションは、一般の会社が運営しているところも多く、副業に寛容な傾向も特徴としてあります。

転職サイトの担当者さんから、施設の見学、面接について説明してもらい、さっそく日程を組んでもらいました。

 

そしてこのとき見学に行ったところが、いま私が働いている職場です。

この担当者さんの力なくして、いま私がこの職場で働けることはなかったでしょう。

給料はもちろん、業務内容、人間関係とも順調に働くことができています。

サイトの担当者さんとはその時だけの関係になってしまいましたが、感謝してもしきれないくらいの思いです。

 

以上が、転職サイトを利用した私の体験談です。

転職サイトを利用して思いましたが、転職するにあたって大切な給料やその他契約の交渉、業務内容の確認などを自分1人の力でできたとは、到底思えません。

給料の交渉ひとつとってみても、先方が提示してきた額に「それでは少ないです。この額にしてください」って言えますか?

それも、知らない場所に見学に行って初対面の人と話す中でです。

転職サイトを利用すれば、こういった”込み入った話”を代わりにやってくれます。

しかも面接の前にです。

せっかく面接に行ったのに、待遇面で合わなくてやめてしまったとか最悪じゃないですか。

就活で追い詰められている学生とかテレビでよく見ますが、そりゃ面接とか神経使うことを何回もしてりゃ疲弊するよなって思います。

理学療法士が自分ひとりで転職活動を行うことも、それと似たところがあると思います。

これだけのサービスが無料で使えるのですから、転職を考えている人は絶対使った方がおトクだと思います。

ちなみに僕がオススメする転職サイトは、個別にお伝えするので興味がある人は直接メッセージください。

 

 

30代の理学療法士の心配ごと

さて、私の転職体験はここまでです。

ここからは私の勝手な心配事です。

アラサーの理学療法士や作業療法士で、将来が不安な人って結構いるんじゃないかと思います。

その不安の多くは”お金に関すること”でしょう。

たぶん理学療法士を職業として選んだ時点で、給料はそんなに期待していなかったと思います。

ですが、一馬力で家族を養っていけないほどだとは思っていなかった人も多いでしょうし、こんなに昇給しないものとも知らなかった人も多いかもしれません。

世間的にお金って汚いものみたいなイメージを持っている人が多くて、お金で仕事を選ぶなんてよくないみたいな風潮ってないですか?

でも、結婚して子供ができ、目の前にお金の問題が出現してきたときになって、やっと自分の立っている場所がヤバイことを知って危機感を持つ。

実際、私はそんな感じでした。

でも、理学療法士としてこれまでやってきて、良い仕事だと思っているし、これからも続けていきたい。

仕事をしていて人に感謝されることも多いし、営業職のような厳しいノルマもない。

やりがいがあって、なおかつユルいところ、楽なところもある。

良い仕事だよな〜給料以外はw。と本当に思います。

でも、給料以外はなんですよね〜。

まぁ今は共働きの時代だし、妻もしくは夫に頑張ってもらおって思ってる人も多いでしょう。

私もそう思ってましたよ。

でも、私は転職をしてみて世界が変わったように感じました。

職場が違えば仕事内容も少しずつ異なりますし、同時に待遇も異なります。

まだ小さい子どもを預けて、無理して妻に仕事に出てもらうことなく生活できています。

考え方はいろいろですけど、私は転職して良かったです。

 

今の職場に不安があって、これからどうなるのかなって思っている人は、早めに動いた方がいいと思います。

40代になってからの転職は大変ですからね。

特に、私が心配しているのは回復期に勤めている理学療法士です。

これから回復期はどんどん縛りがきつくなっていくことが予想されています。

回復期に勤めているPTって多いですから、回復期の診療報酬がガクッと下がって給与体系が変わるときには、転職希望のセラピストであふれるかえると思います。

その時になって、転職してもおそらく待遇の良い職場はないと思います。

そうなる前に、訪問看護にでも転職して、そこのリハビリで中心人物になっておいた方がいいです。

中心人物はクビを切られにくいというのものありますし、それに手当が付きます。

もちろん相応の責任は発生するかもしれませんが、基本的に訪問リハビリって経験者が来るので新卒の人を叱って成長させて、失敗の尻拭いをしてってのは少ないです。

小さいところだと、経営に関して意見を求められることもあるかもしれません。

そうなれば、企業にとって欠かすことのできない人という地位を得たと言えるでしょう。

 

長くなったので、ぼちぼちまとめようと思います。

転職したとしても、しなかったとしても30歳くらいで一度人生の棚卸しをしてみるのは、これからの人生を生きるのに大いに役立つと思います。

というか、私はそう感じました。

一人の人間として、夫として、父として、そして理学療法士として、アラサーってターニングポイントになるんだと思います。

私は自分の経験しか語れませんが、「私にとって転職は自分の人生を変えるきっかけになった。」ということを伝えて終わりにします。

あなたにとってこの記事が、良いターニングポイントになることを願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • コメント: 0

関連記事

  1. 作業療法士 辞めたい 転職

    転職について

    作業療法士(OT)を辞めたいと思ったら読んでほしいブログ

    作業療法士(OT)を辞めたいと思うことって、おそらく臨床を経験したほと…

  2. 理学療法士から看護師 転職

    転職について

    理学療法士から看護師への転職,他資格のメリット,デメリット

    理学療法士から看護師への転職。実は、僕も考えたことあります。…

  3. 理学療法士 辞めたい

    転職について

    理学療法士を辞めたいあなたへ,実際に辞めた体験を語ってみる

    理学療法士の仕事って、やっぱり向き不向きがあると思う。職場によ…

  4. 訪問リハビリ 求人

    転職について

    訪問リハビリ求人に応募するときの注意点はこれだ!

    訪問リハビリを志望する理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ…

  5. 理学療法士 旦那 結婚 転職

    転職について

    理学療法士との結婚,旦那の給料が少ないなら転職させろ

    理学療法士の人数は、最近爆発的に増えてきていて、まもなく飽和状態を迎え…

  6. 理学療法士 公務員 試験

    転職について

    理学療法士が公務員試験にうかる秘訣はこれだ!合格者が解説!

    理学療法士の給料は年々、下降の一途をたどっています。そんな中、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 理学療法士 公務員 試験
  2. 理学療法士 退会 休会
  3. 理学療法士 作業療法士 定年 老後
  4. 理学療法士 作業療法士 つらい
  5. 理学療法士 作業療法士 残業なし 定時

おすすめ記事

  1. 理学療法士,作業療法士が辛いのは人間関係が原因だと思う
  2. 理学療法士,作業療法士が残業なしで定時に帰る方法
  3. 理学療法士,作業療法士に将来はある?未来予想図を考えてみる
  4. 理学療法士との結婚,旦那の給料が少ないなら転職させろ
  5. 開業に失敗した理学療法士がたった1年半で月収50万円になった…
  1. 理学療法士 作業療法士 副業 禁止

    副業について

    理学,作業療法士の副業は禁止?週末整体の経験者が語ってみた。
  2. 作業療法士 転職

    転職について

    作業療法士の転職が有利でうらやましい件について
  3. 理学療法士 整体開業 収入

    開業について

    理学療法士の整体開業は収入upにつながるの?
  4. 理学療法士 旦那 結婚 転職

    転職について

    理学療法士との結婚,旦那の給料が少ないなら転職させろ
  5. 理学療法士 作業療法士 将来 未来

    仕事について

    理学療法士,作業療法士に将来はある?未来予想図を考えてみる
PAGE TOP