理学療法士 作業療法士 向いてない

理学療法士,作業療法士に向いてないとか気にしなくていい件

スポンサーリンク  

自分は理学療法士、作業療法士に向いてない。

こんな風に思っている療法士は案外多い。

僕は理学療法士だが、「理学療法士に向いてないのでは」と感じたことが実は何回もある。

僕の場合は、人に対する愛情が不足しているように感じることがある。

具体的に言うと、相手に寄り添ってリハビリをするということが苦手だ。

例えば、リハビリを拒否する人がいたとしても、「やりたくなければ、やらなければいい」と思う。

ある程度は、話を傾聴するし、リハビリの必要性も伝える。

でも、それでもやらないというのなら、それはその人の責任で決めたらいい。

つまり、リハビリをやるもやらないもその人の自由で、その結果、転倒するようなことがあっても自己責任だから仕方ない。

こんな風に僕は考える。

しかし、こんなことを言うと、愛情にあふれるまっとうな療法士から非難の嵐が吹き荒れるだろう。

だが、どうだろう。

愛情にあふれるまっとうな療法士は「みんな」から必要とされているのだろうか。

リハビリの必要性がある人、全員から受け入れられるのだろうかということだ。

もしかすると、愛情にあふれる療法士の関わり方は、リハビリを受ける人からすると「近すぎて、ウザい」かもしれない。

反対に、僕みたいに愛情が欠如した人間のリハビリの方が、受ける人からしたら「ちょうどいい」と感じられることもあるかもしれない。

 

僕は、療法士に向いてないと感じるときに、いつも思い出す言葉がある。

理学療法士の養成校時代の恩師からの言葉だ。

「患者さんにもいろいろな人がいる。あるセラピストはその人に合うかもしれないが、他のセラピストではダメかもしれない。だから、セラピストにもいろんな人がいていい。向いてないセラピストなんて一人もいないんだ。」

確かこの言葉は、僕が臨床実習に行っているときにかけてもらった言葉だと記憶している。

 

誰にでもウケがよさそうな療法士というのは、いるだろう。

イメージするなら、笑顔が素敵で明るい感じといったところだろうか。

では、反対に療法士に向いてない人はどんなだろうか。

暗くて陰気で、ボソボソ喋るような人といったところだろうか。

では、笑顔が素敵で明るくても、「なんかあの子は軽薄だ」とかいってクレームつける患者はいないだろうか。

おそらく、いる。

反対に、陰気でボソボソしゃべってるだけなのに、「黙々とリハビリに取り組んでくれる。素晴らしい」とか言われることはないだろうか。

おそらく、ある。

それから、療法士の印象の話とは別だが、たまに時間に余裕があるからといって、サービスで少し長めにリハビリをやってあげる療法士がいる。

これは、喜ばれるだろうか。

喜ぶ人は多いと思う。

しかし、一定数「いや、そんなのありがた迷惑だよ」って思っている人もいる。

でも、患者側からそんなこと言いにくい。

療法士は、曲がりなりにも「先生」と呼ばれる職業だし、しかもその先生が善意でやってあげるって言ってくれているんだから、断ったら申し訳ないという気持ちになるだろう。

で、嫌だけど黙って受けているという人は、きっといる。

「リハビリはもういいから部屋に入って、見たいテレビがあるんだよ」とか思ってたりする。

あるいは、「あのリハビリの人といるとなんか疲れるから、リハビリは短い方がいいのに、、、」とか思っているかもしれない。

こう考えると、どんな療法士がこの仕事に向いていて、どんな療法士が向いていないかわからなくなるだろう。

でもそれが人ってものだ。

 

話は少し変わるが、理学療法士、作業療法士が1つの職業として生き残るには、1人1人の多様性が欠かせないと、僕は考える。

あのダーウィンもこう言っている。

「もっとも強いものが生き残るのでもなく、もっとも賢いものが生きのびるでもない。唯一生き残れるのは、変化できるものだ。」

理学、作業療法士が職業として生き残るには、多様性が必要だ。

だから、向いていないと感じることがあっても、職業として生き残るための重要な要素を担っていると考えれば良い。

欲をいえば、相手が求めている関わり方を察知して、それに合わせてうまく演じていくのが良いだろう。

でも、そんな芸当、何年たっても百発百中でできるわけがない。

もし、ベテラン療法士が自分はそれができると言っていたら、そいつはペテン療法士だから放っておけばいい。

できているかどうかわからないけど、できていると信じて、その人に合った療法士を演じていくしかない。

ドラマや映画に出ている俳優は、普段は意外と物静かだったり、演じている時とは違う表情を見せる。

理学、作業療法士もそれでいいのだと思う。

この人には、明るい感じで対応して、また別のこの人にはまじめな感じと、人によって顔を使い分けるのが良いだろう。

なぜかって、先ほども言った通り全ての人に合う人はいないからだ。

その人に合う人間を演じていけばいい。

だから理学療法士、作業療法士に向いていないと思っても諦めずに続けたらいいと思う。

演じるのが苦手だって?

演技力はやってりゃチカラが付いてくる。反対にやらなきゃチカラはつかない。

そういうもんだと思って継続しよう。

スポンサーリンク

それでも辞めたいと思うなら、辞めたあとの自分を想像してみる

理学療法士、作業療法士を辞めるとなると、資格を使わずに一般の仕事につくようになるだろう。

しかし、僕の知る限り一般の仕事についたほとんどの理学、作業療法士は、またこの仕事に戻っているという事実がある。

それが意味しているのは、資格を使わない一般の仕事はもっと大変ということだ。

なんだかんだ言って、この仕事は資格に守られている。

先生と呼ばれ、仕事をすれば基本的には「ありがとう」と言ってもらえる。

多くはないが、安定した給料が毎月振り込まれ、ボーナスもある。

一般の仕事だと、例えば営業の仕事なんかをしていると、クレーム処理をするのが仕事だったり、残業するのが常であったりする。

会社の業績次第で、ボーナスをカットされたりもする。

業績不振の会社に勤務していたら、給料の支給が遅れることもある。

とにかく、一般の仕事は大変なのだ。

何かやりたいことがあって、その世界に飛び込むのならやっていけるかもしれないが、理学、作業療法士の仕事をネガティブな理由で辞めたのでは、おそらく一般の仕事も長続きせず、またこの業界に戻ってくるようになるだろう。

それならいっそ、この業界で自分に合う職場を探す方が良いのではないだろうか。

ここで知っておいてほしいのは、あなたが辞めたいと思っている理由の多くは、理学、作業療法士の仕事が原因というよりも、今の職場環境に影響される部分が大きいということだ。

例えば僕の例をあげると、理学療法士なのに、トイレ介助やオムツ交換を単なるマンパワーとしてやらされることが嫌だった。

専門的な勉強をしてきて、いざ就職すれば学校で習ったこともないオムツ交換だ。

オムツを持って立ち尽くして、「そんなこともできないの!」と罵られた時は、本気で辞めようと思った。

それに、早出と言って、いつもより1時間ほど早く出勤する日があって、朝食の介助もさせられた。

これも嫌だった。

こんな不満があって辞めたいと思った。

しかし、これはこの業界すべてで行われていることではない。

例えば上記の例は回復期病院でのことだが、いま働いている訪問リハビリではオムツ交換などは基本的にやらなくて良い。

僕は実際に転職してみて、働く場所を変えるだけで、こんなにも不満が少なくなるのだということを実感した。

大切なのは、「環境を変えることは、すべてを変える力を持っている」ということを知っておくことだ。

あなたが不満を抱えているのは、一体何に対してなのか一度書き出してみるべきだ。

その不満は職場を変えることで、解決できる可能性があるかもしれない。

 

業務内容、待遇の確認は就職する前にしておく

もし、職場を変えることであなたの不満を少なくすることができそうなら、職場を変えたらいいと思う。

職業を変える前に、職場を変えてみたらいい。

もし職場を変えるなら、重要なことがある。

次の職場で、あなたの不満になっている要素がないか確認しておくことだ。

当たり前のことだが、不満がたまって辞めた職場と同じ業務内容、待遇では、また不満がたまって辞めたくなることが目に見えている。

だから、新しい職場に就職する前に、業務内容や待遇は確認しておかなければならない。

 

療法士が働きやすい職場かどうかを見極めるポイントが一つある。

それは、療法士を専門職として扱っている職場かどうかを見ることだ。

訪問リハビリを例にあげると、セラピストが経営しているところは、セラピストを専門職として見ている傾向にある。

だから、介護士のような仕事を療法士に強制するところは少ないだろう。

では、看護師が経営していると、どうだろうか。

僕が働いているところでは、看護師が部長をしているが療法士を立ててくれている。

看護師だと人によるといったところだろうか。

医療業界をあまり知らない一般の人が経営者だと、とにかく売り上げ重視であることが多い。

売り上げが多ければ発言権が与えられるが、そうでなければ言いなりになる可能性が高い。

ただし、給料に関しては歩合制にしているところも多く、実力主義的な面もある。

どんな人がその職場を運営しているかということは重要な情報だ。

ただ、個人で転職活動をしていると、こういった情報を自分で聞き出したり、見学などに出向いて察知するしかない。

知り合いがそこで働いていたりして、内部情報がわかれば良いが、そう都合よくはいかないだろう。

もし、個人で探りを入れていこうと思うと大変だ。

探りを入れられるタイミングは多くの場合、施設見学に訪れたときだろう。

しかし、知らないところに1人で見学に行くのだ。

少なからず緊張はするし、案内してくれる人も初対面、どんな資格を持っている人でどんな人なのかも会うまではわからない。

その状況で、療法士がどのように扱われているか感じとることができるだろうか。

 

こういった探り入れていくことに自信がないのなら、転職サイトを使うことをお勧めする。

なぜなら、転職サイトの担当者が仲介役になって、聞きにくいようなこともスルスルと聞いてくれるからだ。

例えば、給料について。

「お金のことを話すなんて汚いこと」という認識を持っている人が少なからずいる。

やりがいとか、患者・利用者さんのためとか、キレイごとだけ考えている人がこんなことを言う。

こんなことをいう人たちだって、明日から給料が出ないとなれば、仕事には来ないだろう。

けれども、お金の話になると嫌悪感を示す人たちだ。

こんな人がもし面接、見学時の担当者だったらどうだろうか。

給料について非常に聞きにくいし、まして交渉などできないだろう。

相手が提示してきた額をみて「ちょっと家族と相談してみます。」というのが精一杯ではないだろうか。

転職サイトを利用すると、こういった話を仲介してくれるので、こちら側の心理的な負担が少ない。

それに給料であったり、業務内容であったりといった話は、面接に行く前にしておくことができる。

つまり、自分に合わないと思ったら、面接にすら行かなくていいのだ。

これほど助かることはないだろう。

面接に行けば、緊張をするし、時間も取られる。

それで就職が無事決まればいいが、自分に合わないと感じ、就職を断念することもあるだろう。

自ら辞退するのであればまだ良いが、面接を受ける以上、落とされることもある。

これは、精神的にかなりキツイ。

面接で落とされるというのは、自分の人格まで否定されるような気持ちになるものだ。

できることなら、避けたい経験だ。

転職サイトを使えば、こう行ったリスクを軽減できる。

僕は今の訪問看護ステーションに転職するにあたって、転職サイトを利用しストレスなく話を進めることができた。

だからこれだけ転職サイトの利用を勧めているのだ。

ちなみに、僕がオススメする転職サイトは、直接メッセージくれた方にこっそりお伝えしようと思う。

ぜひ参考にしてもらいたい。

 

まとめ

リハビリを必要とする人には、いろいろなタイプの人がいる。

だから療法士もいろいろなタイプの人がいていいと思う。

むしろ、向いてないと自分に厳しい目を向けられる人の方が、相手に合わせる力があるのではないかと思う。

この仕事で大切なのは、「おごらないこと」だ。

謙虚に、その人ごとに対応していける人が適しているのではないだろうか。

だが、それでも療法士の仕事に向いてないと思うのなら、療法士を辞めてしまう前に職場を一度でいいから変えてみてはどうだろうか。

「転職には、すべてを変える力がある」

僕は、実際に転職してこの言葉が本当であることを実感している。

あなたにあった職場が見つかることを願っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • コメント: 0

関連記事

  1. 理学療法士 作業療法士 残業なし 定時

    仕事について

    理学療法士,作業療法士が残業なしで定時に帰る方法

    「リハビリの仕事は残業が少ないって聞いたのに、実際はけっこう多い」…

  2. 理学療法士 作業療法士 将来 未来

    仕事について

    理学療法士,作業療法士に将来はある?未来予想図を考えてみる

    「理学療法士はまもなく飽和状態に陥る」この言葉を初めて聞いたの…

  3. 理学療法士 退会 休会

    仕事について

    理学療法士協会の退会はちょっと待った!休会すれば会費0円になる

    理学療法士協会の年会費って高いですよね。協会自体に払うのと、各…

  4. 理学療法士 作業療法士 大学院

    仕事について

    理学療法士,作業療法士で大学院を目指す人へ,ビジョンはあるの?

    僕の大学時代の同級生にも大学院に通っている人が数名います。すで…

  5. 理学療法士 作業療法士 定年 老後

    仕事について

    理学,作業療法士の定年について 年寄りセラピストは使えない

    理学療法士、作業療法士の定年ってどのくらいが平均なんでしょうか。…

  6. 理学療法士 作業療法士 つらい

    仕事について

    理学療法士,作業療法士が辛いのは人間関係が原因だと思う

    療法士の仕事について、毎日辛くて仕方ないって人、けっこう多いと思います…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 理学療法士 公務員 試験
  2. 理学療法士 退会 休会
  3. 理学療法士 作業療法士 定年 老後
  4. 理学療法士 作業療法士 つらい
  5. 理学療法士 作業療法士 残業なし 定時

おすすめ記事

  1. 理学療法士,作業療法士が辛いのは人間関係が原因だと思う
  2. 理学療法士,作業療法士が残業なしで定時に帰る方法
  3. 理学療法士,作業療法士に将来はある?未来予想図を考えてみる
  4. 理学療法士との結婚,旦那の給料が少ないなら転職させろ
  5. 開業に失敗した理学療法士がたった1年半で月収50万円になった…
  1. 訪問リハビリ 求人

    転職について

    訪問リハビリ求人に応募するときの注意点はこれだ!
  2. 理学療法士 作業療法士 開業 独立 年収

    開業について

    理学療法士,作業療法士の開業,独立で年収は?経験者が語ってみる
  3. 開業失敗 理学療法士 月収50万円

    給料について

    開業に失敗した理学療法士がたった1年半で月収50万円になった全手法を書く
  4. 理学療法士 作業療法士 つらい

    仕事について

    理学療法士,作業療法士が辛いのは人間関係が原因だと思う
  5. 理学療法士 整体開業 収入

    開業について

    理学療法士の整体開業は収入upにつながるの?
PAGE TOP